四季彩乃湯温泉

埼玉県

秩父市の高台に位置し、豊かな大自然に抱かれ、食の素材にこだわっている四季彩乃湯温泉。自噴している温泉を小鹿野町薄(旧両神村)からタンクローリーでピストン輸送し、平成12年(2000年)から温泉入浴が利用できるようになった。湯は、無色澄明、無味無臭で無味、無臭で、ア硫黄泉ならではの、ぬるぬる感があって入り心地は悪くない。秩父の市街を眼下に奥秩父連山まで一望する展望大浴場や露天風呂が特徴。また地元契約農家から直送の素材にこだわり、新鮮な野菜を食することができる。温泉の泉質はナトリウム-塩化物温泉。温泉の効能は神経痛、関節痛、筋肉痛など。

【開湯日】

 平成12年(2000年)

【温泉の泉質】

 ナトリウム-塩化物温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   26.8度    8.56の弱アルカリ性

四季彩乃湯温泉 アクセス

●西武鉄道➡︎西武秩父駅➡︎車➡︎約8分➡︎四季彩乃湯温泉
●関越道➡︎花園IC➡︎R140約➡︎25km➡︎四季彩乃湯温泉
●関越道➡︎東松山IC➡︎嵐山小川IC➡︎車➡︎約30分➡︎四季彩乃湯温泉

四季彩乃湯温泉 近くの観光スポット【小倉城跡】

小倉城は、菅谷館跡や松山城跡・杉山城跡・小倉城跡を合わせて、比企城館跡群と呼ばれ、国指定史跡に指定されている。平成20年(2008年0に国の史跡に指定された。小倉城は戦国時代の関東の城では珍しく、随所に石垣が用いられ、城主は北条氏の重臣であった遠山光影とする説と松山城主・上田氏とする説があり定かではない。

タイトルとURLをコピーしました