芽登温泉

北海道

日本一面積の広い町・足寄町の西部に位置し、東大雪山系の原生林、ヌカナン川の畔に湧き出る一軒宿が芽登温泉。アイヌの人々には古くから知られてていたが、和人に発見されたのは明治34年(1901年)。明治37年(1904年)から開発が始まった。地名はアイヌ語のメトッ(山奥の意)に由来。周辺には北海道にしかいない、シマフクロウも棲息する秘湯であ、河原から引かれた源泉の湯は、内風呂と野性味あふれる混浴の露天風呂になみなみと注がれる。山肌が間近に迫るこの温泉は、実にのどかで生き返った気分になる。また美肌づくりの湯として女性にも人気。さらに女性専用の露天風呂があるのも魅力。温泉の泉質は単純硫黄泉。温泉の効能はアトピー、湿疹、高血圧、神経痛、糖尿病、筋肉痛、冷え性、皮ふ病、切り傷、胃腸病、打ち身など。

タイトルとURLをコピーしました