湯の川温泉

北海道

湯の川温泉は、北海道で最も古くから栄えた温泉地、湯治場で、湯の川の語源は、 アイヌ語のユ(湯)+ペツ(川)の語源と伝えられており、ゆのかわの表記は「ゆの川村」として1644年「正保古地図」に 記されたのが文献初出。歴史は諸説あり1453年享徳2年(1453年)に湧き湯を見つけた木こりが負、傷した際に腕の痛みを湯治して癒していたという。また承応2年(1653)に松前藩主九代・高広(幼名/千勝丸)が瀕死の病に冒され、治療も薬も効なく、日に日に悪化していった。ある夜、母の清涼院の夢に「松前城の東にある温泉に行けば、どんな病も治る」とお告げがあった。この温泉が湯の川温泉であり、 千勝丸を湯治させると、まもなく全快したという。藩は報恩のため、薬師堂を再建した。 湯倉神社の一角にひっそりと佇む石碑が往時を物語っている。日量7,000トン(毎分4,861リットル)以上の湯量を誇り、空港からは5分、函館観光をするなら最も好立地な湯の川で、函館の温泉郷として親しまれている。温泉の泉質はナトリウムー塩化物温泉 (中性等張性高温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関うちみ、慢性消化器病、痔疾、冷症、慢性皮膚病、慢性婦人病、切傷、火傷。

【開湯日】

承応2年(1653)

【温泉の泉質】

アルカリ性単純硫黄泉

【温泉の温度】

57.6度

湯の川温泉 アクセス

●JR函館駅➡︎市電➡︎湯の川温泉➡︎約25分
●JR函館駅➡︎バス➡︎湯の川温泉➡︎約30分
●JR新函館北斗駅➡︎バス➡︎湯の川温泉➡︎約50分
●函館空港➡︎バス➡︎湯の川温泉➡︎約7分

湯の川温泉 近くの観光ガイド【函館市熱帯植物園】

ガラス張りで、多角形の園内には約300種3,000本の熱帯植物が植えられている。しかしここの熱帯暖地植物は栽培のみならずサルやシマリス・鯉・セキセイイン飼育している。特に特筆するのは、サル山温泉。屋外の運動場をのびのびと走りまわる約90頭ニホンザル。冬の間は温泉が入れられ、お湯につかってのんびりくつろぐ姿が話題を集めている。水の広場では池やジャングルジムで子供が遊べる。

タイトルとURLをコピーしました