ユンニの湯

北海道

由仁市街の裏手、馬追丘陵にあるユンニの湯。ユンニの湯と云う名称は、町名の由来でもあるアイヌ語のユウンニ(温泉のあるところの意味)から公募で決まった。温泉としては天明4年(1784年)に発見され、明治35年(1902年)に創業している。現在の施設が開業したのは平成5年(1993年)。地下1300mより湧き出る湯は、褐色がかったコーヒー色のお湯が特徴で。泥炭地帯に位置しており地下水が数千年前に堆積した石炭層に浸透してこの色が生まれた。また炭酸水素イオンが多く含まれぬめりがあり、肌がすべすべになる事から、俗に美人の湯と云われる。温泉の泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。温泉の効能は慢性皮膚病、冷え症、神経痛、筋肉痛、関節痛など。

【開湯日】

天明4年(1784年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

ユンニの湯 アクセス

●JR函館本線➡︎岩見沢駅乗換➡︎室蘭本線➡︎由仁駅下車➡︎車で5分
●JR石勝線➡︎追分駅乗換➡︎室蘭本線➡︎由仁駅下車➡︎車で5分
●各地IC➡︎札幌方面➡︎道央道➡︎札幌南IC➡︎出口➡︎R274➡︎道道札幌夕張線➡︎由仁町
●道央道千歳IC➡︎➡︎道東道➡︎道東道追分ICI➡︎出口➡︎R234➡︎北上➡︎由仁町

ユンニの湯 近くの観光ガイド【由仁町伏見台展望台】

昭和11年に、石狩平野を中心に陸軍特別大演習が行われた際に、昭和天皇が伏見の高台(標高146m)から御統監された。それ以降は、この高台を伏見台と呼び、記念碑「聖上御統監之地」も建てられた。高台からは長閑な由仁町のを一望でき、春や秋にはハイキングや楽しむ人も多い。秋は馬追山の美しい紅葉と眼下に広がる稲穂の黄金が素晴らしく、遠くには夕張岳が望めるビューポイントである。

タイトルとURLをコピーしました