古丹別温泉

北海道

苫前町役場から南東に進んだ古丹別にある温泉が古丹別温泉。開湯は昭和53年(1978年)で、赤茶色した天然温泉の扇型浴槽は狭く3人が入ればやっと。もの凄い湯の花が表面に油膜を張っている。近くには古代の里(車で10分)や三毛別羆事件復元現場(車で20分)があり、桜の名所として親しまれている緑ヶ丘公園や、とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場やホワイトビーチでの海水浴といった遊びもできる。たっぷり遊んだ後に汗を流すにはいい温泉だ。宿泊は素泊りもでき外来入浴もOK!。温泉の泉質はナトリウム・カルシウムイオン鉄泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、切り傷、やけど、慢性、消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など。

タイトルとURLをコピーしました