歌登温泉

北海道

枝幸町歌登の市街地から約7km南方に広がる丘陵地帯にある「うたのぼり健康回復村」内にある公営の宿泊施設が歌登温泉。昭和40年(1965年)ペンケナイ奥地に木造モルタル2階建て開拓婦人ホーム建設し、朝倉温泉の鉱泉を浴場に引いたのが歌登温泉の始まり。昭和45年(1970年)歌登観光ホテルをオープン。歌登温泉として売り出すも、昭和48年(1973年)火災で本館焼失し歌登観光株式会社は消滅。昭和50年(1975年)年、町営の南宗谷健康回復センターがオープン。同年、北海道市町村共済組合指定の保養施設「山の家ペンケ荘」が完成して宿泊施設として利用される。山の家ペンケ荘を取り壊して平成元年(1989年)うたのぼりグリーンパークホテルオープン。昭和20年(2008年)から指定管理制度により株式会社ベルックスが運営管理している。湯は鉄分が強く、その為透明度が15cm?20cmほどで底はまったく見えない。またツルツルとした浴感のある柔らかい感触の湯。温泉の泉質名は含二酸化炭素・ナトリウム-炭酸水素塩泉。温泉の効能は創傷、火傷、神経痛、皮膚病など。

【開湯日】

昭和40年(1965年)

【温泉の泉質】

含二酸化炭素・ナトリウム-炭酸水素塩泉

歌登温泉 アクセス

●JR音威子府駅➡︎バス➡︎枝幸行き➡︎歌登下車➡︎タクシー➡︎10分
●道央自動車道➡︎士別剣淵IC➡︎約100km

歌登温泉 近くの観光ガイド【デスモス、チルス発堀跡】

枝幸町にあるデスモ、チルス発堀跡は、デスモスチルスが発見された土地。デスモスチルスとは、半海生の哺乳類で、カバに似た体型をしており、中新世時代に生息していた。そして11体もの化石が発見された、デスモスチルスの最多発見地で、珍しい全身骨格も中にはある。生存中には何を食べていたのか、またなぜ絶滅したのか、研究が進んでいない生物のため、今後の研究のためにも重要視されている遺跡。

タイトルとURLをコピーしました