和琴温泉

北海道

屈斜路湖の南端に突き出た和琴半島の、オサッペ川の川口付近に位置する和琴温泉。和琴の地名はアイヌ人がワコッチ(魚の尾のくびれたところ)と、尻が陸地に付いているという意味のオヤコッから名付けられた、二つの説がある。承応2年(1653年)に松前藩の4代藩主が難病を治癒したとの歴史が残っている道内屈指の古湯。大正5年(1916年)に正式に開湯。紀行作家の大町桂月が大正10年(1921年)にこの地を訪れた折り、和琴というこの地にふさわしい和名に改めた。温泉の泉質は単純泉、重曹泉、硫黄泉など。泉温は46度(夏場)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節炎、慢性消化器病、胆石、肝臓病、肥満、糖尿病、痛風、腰痛、冷え性、皮膚病、婦人病、慢性便秘、痔疾、四十肩、五十肩、関節のこわばり、火傷など。

【開湯日】

承応2年(1653年)

【温泉の泉質】

単純泉、重曹泉、硫黄泉など

和琴温泉 アクセス

●JR摩周駅➡︎バス➡︎35分 ・タクシー約15分
●国道243号➡︎町道➡︎弟子屈町➡︎市街地➡︎車➡︎約15分。
●摩周温泉➡︎バス➡︎約35分。
●女満別空港➡︎国道243号➡︎経由➡︎51km(1時間30分)

和琴温泉 近くの観光ガイド【屈斜路湖 砂湯】

コバルトブルーの湖面が美しい湖屈斜路。その東岸、道道52号沿いに砂湯があり、湖岸の砂浜を掘れば温泉が湧き出て、自分だけの露天風呂を作ることができ、子供から大人まで誰でも楽しめる。また「砂の湧き出す所」というアイヌ語の意味があり、昔から温泉が滲み出ていた。阿寒摩周国立公園内に位置し、敷地内には砂湯キャンプ場や砂湯レストハウス レタラチップ・トイレ・駐車場が完備。モーターボートでの遊覧も楽しめる。

タイトルとURLをコピーしました