湿原温泉

北海道

釧路管内の中央に位置する鶴居村に湧く湿原温泉。平成4年(1992年)に開湯し、鶴居村温泉の源泉の一つに数えられる。湯は塩っぱいモール泉で、かなりツルツル感を楽しめる。入口のには飲泉場がある。大浴場にはミルクタンクだったステンレス製容器を改造した浴槽が2つ並んでいる。また釧路湿原を擁する自然環境に恵まれ、その名のとおり、国の特別天然記念物タンチョウが飛来することで知られる。温泉の泉質は弱アルカリ性低張性高温泉(モール泉)。泉温は44度。温泉の効能は神経痛・筋肉痛・関節痛 神経痛、筋肉痛、慢性皮膚病、慢性消化器病など。

【開湯日】

平成4年(1992年)

【温泉の泉質】

弱アルカリ性低張性高温泉(モール泉)

湿原温泉 アクセス

●札幌➡︎R274➡︎日勝峠➡︎十勝清水IC➡︎道東道に➡︎池田ICI➡︎R242・R38➡︎浦幌~白糠➡︎経由。
●女満別空港➡︎1時間 ●川湯温泉駅➡︎15分
●道道釧路鶴居弟子屈線➡︎鶴居村方面。
●JR札幌駅➡︎千歳線・石勝線・根室本線➡︎特急➡︎釧路駅下車(4時間)。
●釧路駅前➡︎バス➡︎つるい保養センター&川湯温泉行➡︎鶴居市街下車(徒歩約3分)

湿原温泉 近くの観光ガイド【熊記念館】

細岡展望台は、釧路湿原の中を蛇行しながら流れる釧路川と広大な釧路湿原を一望できる。また釧路湿原国立公園内の展望台の中で、代表的な景勝地の一つで、前方には雌阿寒岳や雄阿寒岳のシルエットは絶景。夕日スポットとしても人気で、隣接する細岡ビジターズラウンジには、写真展示や喫茶メニュー、休憩用ソファ等があり一息できる。

タイトルとURLをコピーしました