洞爺湖温泉

北海道

明治43年(1910年)、有珠山の噴火によって洞爺湖の南岸に湧出した温泉が洞爺湖温泉。その後大正6年(1917年)に、昭和新山の名付け親・三松正夫や杉山春巳、安西岩吉の3人が、湖岸で43℃の源泉を発見したのが温泉の始まりと云われている。また平成12年(2000年)の23年ぶりの有珠山噴火は、北西山麓から発生し、噴煙は最高3,500mに達する勢いで有珠山の麓に広がる温泉街を、一瞬にして灰の街へと変えたてしまい町に莫大な被害を及ぼした。しかし噴火後、湧出量が飛躍的に増え湯質もほんかに茶色帯びた湯に変わり、噴火のダメージが及ぶ一方で、自然の恵みをもたらした。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物泉など。温泉の効能はリウマチ、神経痛、婦人病、動脈硬化、高血圧、皮膚病、胃腸病など。売り物のロングラン花火大会(毎年4月28日〜10月末)は、湖上から毎晩400発もの花火が打ち上げる夜空も見事に見られる。現在では、年間観光客の入り込み数が400万人以上にものぼる道内屈指の温泉郷に成長した。

【開湯日】

明治43年(1910年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム−塩化物泉など

洞爺湖温泉 アクセス

●札幌➡︎国道230号➡︎定山渓➡︎中山峠➡︎洞爺湖温泉(7.2km
●函館➡︎国道5号➡︎長万部➡︎国道37号~洞爺湖温泉(約3時間20分)
●函館➡︎道央道函館➡︎大沼公園IC函館➡︎虻田洞爺湖IC(125.7km)
●JR函館➡︎函館本線➡︎特急➡︎室蘭本線➡︎JR洞爺(約1時間30分)
●JR新千歳空港➡︎JR南千歳➡︎特急➡︎室蘭本線➡︎JR洞爺駅(約1時間30分)

洞爺湖温泉 近くの観光ガイド【サイロ展望台】

洞爺湖西岸の高台に位置するサイロ展望台は、洞爺湖や直径9km~11kmの中島、昭和新山そして有珠山を望む絶好のビュースポット。国道230号線沿いにあり、約170mの高台から見下ろす爺湖は、青く輝き、開放的な大パノラマの絶景は感動的。洞爺湖エリアでも最も湖が間近に眺められる場所のひとつ。平成12年の有珠山噴火があった時には、この場所から報道や観測がされていた。

タイトルとURLをコピーしました