峰浜温泉

北海道

知床半島の付け根・斜里平野の東端、オホーツク海を望む峰浜地区にある峰浜温泉。開湯は昭和54年(1979年)で、ウナベツ温泉とする表示する地図もある。海別岳(1419m)の麓にあり、温泉のプロ以外は入湯困難と言われる海別温泉(全く手付かず)があり、温泉の名前は地区名から命名。湯はヌルヌルを感じ、透明で少し温めの湯が掛け流しになっている。斜里市街とウトロの中間に位置し、知床観光の拠点に便利。温泉の泉質は単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)。泉温は44.3度。温泉の効能は火傷、切り傷、皮膚病、糖尿病、痛風、胆石症など。

タイトルとURLをコピーしました