ピンネシリ温泉

北海道

音知岳(標高703m)の登山口に位置するピンネシリ温泉。昭和60年(1985年)に地元住民が中心となり掘削した結果、有望な源泉を発見。平成元年(1989年)に開湯。平成4年(1992年)にホテル開業。敏音知(ぴんねしり)とは、アイヌ語の男性のイメージの山に当てられる名前。湯は道北では珍しいナトリウム、マグネシウムを多く含んだ泉質で、美肌効果も期待できる。源泉は4度の冷泉のため加温しているが、毎日湯を交換している。公営ホテルがあり、隣接して道の駅やキャンプ場、ふるさと生活体験館などもあり、ドライブやツーリングの途中に立ち寄って休息するには最適だ。温泉の泉質はナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性冷鉱泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え性、きりきず、火傷など。

【開湯日】

平成元年(1989年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性冷鉱泉)

【温泉の温度】

4.8度

ピンネシリ温泉 アクセス

●JRピンネシリ温泉➡︎バス➡︎徒歩で1分
●JR音威子府駅➡︎バス➡︎稚内行➡︎ピンネシリ温泉前下車(約35)
●ピンネシリ温泉前➡︎徒歩➡︎徒歩1分
●宗谷バス➡︎ピンネシリ温泉前➡︎徒歩1分
●JR音威子府駅➡︎下車➡︎バス➡︎国道275号➡︎約50分

ピンネシリ温泉 近くの観光ガイド【ハイジの丘】

中頓別町は山岳地帯に囲まれた自然豊かな町で、ハイジの丘の小高い丘からは、中頓別が一望できる絶景スポットがある。牧草地に羊や馬、ヤギが放牧され、手のひらにエサからエサやりも可能。乗馬コーナーでは引馬の乗馬体験ができ、ウサギやモルモットに触れ合えたり、牛の乳搾りの他、バター、アイスクリームの手作り体験など体験プログラムが充実。自然や牧草地に抱かれ、快晴の日には敏音知岳や松音知岳を見ることができる。

タイトルとURLをコピーしました