竹山高原温泉

北海道

札幌と千歳のほぼ中間、JR函館本線と国道36号線に挟まれた高原にある竹山高原温泉。創業昭和45年(1970年)の一軒宿で、恵庭岳を望む景観を誇っている。湯はコーヒーのような色をして肌がツルツルする。地下の亜炭層を通過してくるため、植物性の有機物をたっぷり溶かし込んで褐色透明と云う、独特な色を帯びている。その中のフミン酸には、肌の保湿性を高める美容効果があるとされている。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、冷え性、五十肩、疲労回復、健康増進など。

タイトルとURLをコピーしました