恵山温泉

北海道

渡島半島の南東端、霊峰恵山(618m)の山腹に位置し、津軽海峡を望む恵山温泉。昭和7年(1932年)の開業以来、源泉に一切手を加えることなく、一貫してかけ流しにしている。川湯温泉に匹敵する強酸性泉で皮膚病には特に効果があるが、石鹸は効かない。恵山温泉の推薦医は、安政年間から続く医者の家系を継いでいる函館の深瀬先生。「患者あっての医者、患者に精神的安らぎを与えるのが医者の役目・・・・・・」と云うのが先生のモットー。温泉は強酸性の赤褐色して、殺菌力が強い。温泉の泉質は酸性明ばん・緑ばん泉。温泉の効能は神経痛・関節痛・婦人病・皮膚病・運動器障害・五十肩・リュウマチ・関節のこわばり・痔疾・冷え性・切り傷など。

【開湯日】

昭和7年(1932年)

【温泉の泉質】

酸性明ばん・緑ばん泉

恵山温泉 アクセス

●JR函館駅下車➡︎函館バス➡︎恵山登山口下車➡︎(2時間)
●函館➡︎国道278号線➡︎恵山温泉(約1時間20分)
●函館空港➡︎国道278号線➡︎恵山温泉(約1時間)
●JR新函館北斗駅➡︎恵山温泉(約1時間30分)

恵山温泉 近くの観光ガイド【恵山】

恵山は渡島半島の南東端、太平洋に突き出すように位置し、標高618mの山で今も噴気をあげる活火山で、気象庁による常時観測対象の活火山。道立自然公園に指定され、林野庁のレクリエーションの森(自然休養林)に指定されている。他にも新日本百名山や北海道百名山、北海道の百名山に選定され、 名前はアイヌ語の「エサ・ニ」に由来している。標高300mの火口原駐車場までは大型バスも登ることもできる。

タイトルとURLをコピーしました