岡三沢温泉

青森県

県道10号線沿い、三沢市の中心街から太平洋方面へ向かう途中の十字路に位置する岡三沢温泉。開湯は昭和54年(1979年)で、温泉旅館としても利用され、朝早くから市民の憩いの場として賑わっている。浴室は全ての湯が吸い込み口がありカルキ臭がしている。湯はトロンとしており、ツルツルとした肌になると評判。また菌吸着力・ミネラルの溶出・水質調整が特長の麦飯石が使用されている浴槽は、美容・健康にすぐれた効果があると云われている。温泉の泉質は単純温泉。泉温は45.5度。温泉の効能はリウマチ性疾患、運動器障害、神経麻痺、神経症、病後回復期、疲労回復など。

【開湯日】

昭和54年(1979年)

【温泉の泉質】

単純温泉

【温泉の温度】

45.5度

岡三沢温泉 アクセス

●三沢空港➡︎車➡︎5分(1,911m)
●青い森鉄道・三沢駅➡︎車➡︎15分(約3km)

岡三沢温泉 近くの観光ガイド【小川原湖】

青森県上北郡東北町に位置する小川原湖。面積63.200km²と全国で11番目に大きな面積を持つ湖で、青森県県内では1番の広さを誇る湖で、最大水深25m、平均水深11mの汽水湖。また珍しく湖にも住所(地籍)がある。広大な湖全体が1つの地籍になっているのは全国でも小川原湖。鰻やワカサギ、シラウオなどが生息し、釣りや湖水浴、キャンプなどが楽しめる。7月下旬には「湖水まつり・たいまつ祭り」も開催される。

タイトルとURLをコピーしました