吉松温泉

鹿児島県

安楽整骨院が持っている小さな温泉で、一般にも開放されている。以前はJR吉松駅前の真正面で開業していたが、その後温泉付き物件を買い取って移転、現在ある男女別の浴室を造った。その歴史は定かじゃないが、昭和38年(1963年)に200mほどボーリングしたところ、現在の泉源にあたったそうです。地下480mから湧出する温泉は透明度が高く、源泉掛け流しの単純温泉で、pH値が9を越えると美人の湯と言われるが、こちらはpH9.4 。老若男女、ツルツル&すべすべの肌になりゆっくり入浴することができる。平成16年(2004年)に改装し再オープンさせた。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉(低張性、アルカリ性、高温泉)。温泉の効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・疲労回復・健康増進など

【開湯日】昭和38年(1963年)

【温泉の泉質】アルカリ性単純温泉(低張性、アルカリ性、高温泉)

吉松温泉 アクセス

⚫️JR肥薩線➡吉松駅➡徒歩➡10分
⚫️JR古都線➡鶴丸駅➡徒歩➡約8分
⚫️九州道➡粟野IC➡車➡約20分

吉松温泉近くの観光スポット【鉄道資料館】

JR吉松駅に隣接する観光SL会館。国家の威信をかけて建設された、肥薩線の経緯を知ることのできる資料館。SLの写真をはじめ信号機や駅員の制服などを紹介している。広場には近代化産業遺産に認定されたC55型蒸気機関車や石倉を展示している。またJR肥薩線のスイッチバックや架設の歴史、吉松駅のかつての賑わいの写真の展示など鉄道資料が展示。

タイトルとURLをコピーしました