雲谷高原温泉

青森県

青森市の南郊、市街地を見下ろす標高約300mの雲谷高原にある雲谷高原温泉。雲谷高原に湧く唯一の源泉で、山崎源泉から毎分約300リットル湧出。開業は昭和43年(1968年)で、ねぶた発祥の地として知られる高原リゾートに湧く、一軒宿ホテルヴィラシティ雲谷内のの温泉。湯は無色透明で、柔らかく馴染みやすい肌触りが特徴。鉄分を豊富に含んでおり、湯底や床には鉄分系の付着物も見られる。このため体の芯から温まり湯冷めしにくく、疲労回復などの効能をより促進するは働きがある。四季折々の自然はもちろん、夜には青森市街の夜景も楽しめ、冬はスキーを堪能できる。温泉の泉質は単純泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、慢性消火器病、痔疾、冷え性など。

【開湯日】

昭和43年(1968年)

【温泉の泉質】

単純泉

【温泉の温度】

42度

雲谷高原温泉 アクセス

●JR青森駅➡バス➡雲谷高原温泉➡約45分
●JR青森駅➡タクシー➡雲谷高原温泉➡約30分
●JR新青森駅➡タクシー➡雲谷高原温泉➡約40分
●青森中央IC➡車➡雲谷高原温泉➡約20分
●青森フェリー埠頭➡車➡雲谷高原温泉➡約40分

雲谷高原温泉泉 近くの観光ガイド【モヤヒルズ】

モヤヒルズは青森市内を一望でき、春から秋にかけて四季を通じて気軽に楽しめる施設。総延長1,546mを滑走するローラールージュ「ヒルズサンダー」やテニス、オートキャンプ場やケビンハウスでのアウトドア体験、フリークライミングなどが。また冬は、パウダースノーを楽しめるコースがあり、モヤヒルズスキー場では初級者から上級者までウインタースポーツを楽しめる。昼は陸奥湾、ナイタースキーでは青森市街の夜景を一望でき景観を誇る。

タイトルとURLをコピーしました