鰺ヶ沢温泉

青森県

日本海に面し、古くから漁師町として栄えてきた鰺ヶ沢町。そこには約30万年前の海水が湧き出す鰺ヶ沢温泉がある。開湯の歴史は定かではないが濃厚な泉質は、様々の症状に効能があり、昔から湯治に訪れる人も絶え間ない。なかでも保温効果の高く身体の芯から温まり、湯冷めし難い評判。JR五能線鯵ヶ沢駅から徒歩約15分。素晴らしい自然と良質な温泉、そして新鮮な海の幸と1日を満喫できる温泉地。温泉の泉質はナトリウム−塩化物強塩泉。源泉温度は49度〜52度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、慢性婦人病など。

【開湯日】

約30万年前(詳細は不明)

【温泉の泉質】

ナトリウム−塩化物強塩泉

【温泉の温度】

49度〜52度

鰺ヶ沢温泉 アクセス

●JR鰺ヶ沢駅➡︎車➡︎約3分(徒歩5分) ●青森空港➡︎車➡︎約80分
●JR新青森駅➡︎車➡︎約70分 ●浪岡IC➡︎車➡︎約50分
●大鯵IC&弘前IC➡︎車➡︎約80分 ●JR鰺ヶ沢駅➡︎タクシー➡︎約3分

鰺ヶ沢温泉 近くの観光ガイド【焼きイカ通り「イカのカーテン」】

鰺ヶ沢町は日本海に面した港町で、海岸線はまるでカーテンのようにイカの生干しが並ぶ風景が見られ、町の風物詩になっている。県道3号線と旧街道の分岐点付近で、イカを生干ししたさっと焼いて売る焼きイカ9店軒を並べ、焼きイカ通りと呼ばれている。青森ではイカは1年中獲れるが、特に美味しいのは7月から8月で日本海の潮風を浴びて、炭火で香ばしく焼かれた「焼きイカ」は柔らくて美味しい。

タイトルとURLをコピーしました