むつ矢立温泉

青森県

下北半島むつ市のむつ運動公園から恐山へ向かう、県道174号(長坂大湊)線を進み、途中から右に下りた所にあり、昭和52年(1977年)に開業した「むつ矢立温泉」。宿泊もできるが公衆浴場がメインのようだが、ゴルフ練習場や貸しロッジなど手広く経営を行っている。浴室の中心部に太い柱が建っており、それを取り囲むように風呂は内湯が1個がある。浴槽の広さは15人~16人が入れて柱の下の方から源泉と水が噴出している。湯は肌にビシビシ感じるほど熱く、キシキシとツルツルの混在する不思議な感触。おそらく含まれる金属が多いのか浴槽は赤く染まり、濃い食塩泉も感じる。温泉の泉質はナトリウム−塩化物泉。泉温は55度。温泉の効能はリウマチ、運動器障害、切り傷、皮膚病など。

【開湯日】

昭和52年(1977年)

【温泉の泉質】

ナトリウム−塩化物泉

【温泉の温度】

55度

むつ矢立温泉 アクセス

●JR下北駅➡車➡むつ矢立温泉➡約15分
●JR大湊駅➡車➡むつ矢立温泉➡徒歩約39分
●下北交通田名部駅➡タクシー➡むつ矢立温泉➡約10分
●下北交通バス➡むつ矢立温泉➡徒歩約9分

むつ矢立温泉近くの観光ガイド【宇曽利山湖】

日本三大霊場・恐山にある湖が宇曽利山湖は、下北半島の中央に位置し、直径3kmの恐山カルデラのカルデラ湖。エメラルドグリーンの水は強酸性(pH3.2~3.6)もあり、成層火山の火山活動で、陥没した火口原に水が溜まり、生物はいないと思われていたが、実は世界でも珍しい天然ウグイの棲息地となっていた。水の落口附近は三途の川と呼ばれる。水の落口附近は三途の川と呼ばれるている。

タイトルとURLをコピーしました