斗南温泉

青森県

むつ市中心部から東へ2kmほど行った、県道6号線沿いの高台に位置する日帰り温泉が斗南温泉。むつグランドホテルが昭和44年(1969年)に開業したもので、シティホテルには珍しい天然温泉。浴室は20人程度入れる主浴槽と4人ほど入れる温湯、電気風呂、サウナ、水風呂が完備。湯は少し茶色がかった黄褐色で、湯冷めしにくく肌がツルツルになると女性に人気。露天風呂は15人ほど入れる岩組みの浴槽と歩行浴用の温泉プールが完備。市内はもちろん下北を一望できる。温泉の泉質アルカリ性単純泉。泉室36.3度。温泉の効能はリウマチ、神経痛、間接痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、痔病、冷え性、慢性消化器病、病後回復期など。

【開湯日】

昭和44年(1969年)

【温泉の泉質】

アルカリ性単純泉

【温泉の温度】

736.3度

斗南温泉 アクセス

●JR下北駅➡車➡約10分 ●下北交通田名部駅➡タクシー➡約10分
●東北道青森IC➡R279➡むつ市方面➡約120分
●東北道下田百石IC➡R338➡六ヶ所村➡県道24号線➡横浜町⇒R279➡むつ市¥

斗南温泉近くの観光ガイド【恐山】

天台宗の円仁(慈覚大師)が、貞観4年(862年)に開山した恐山。和歌山の高野山、滋賀県の比叡山と並んで日本三大霊場と呼ばれ、天台宗の修験道場として栄えたが、いったん廃寺になった。曹洞宗円通寺によって14世紀に再興された。むき出しの岩が広がる日本屈指のミステリアスな異空間で,
この世のものとは思えない雰囲気を醸し出している。また霊を口寄せするイタコは、沖縄のユタと同様に有名。故人に会うため全国から人が集まり、参拝者が後を絶たないパワースポット。

タイトルとURLをコピーしました