花巻温泉

岩手県

岩手県を代表する花巻温泉郷。台川に沿って開けた台温泉と花巻温泉ともう一つのエリアは 豊沢川に沿って点在する松倉温泉、志度平温泉、渡り温泉、大沢温泉、高倉山温泉、鉛温泉、新鉛温泉である。 古くから交通の要衝地として開け、城下町花巻の奥座敷や湯治場として知られていた。昭和2年(1927年)11月27日に、金田一国士により株式会社花巻温泉創立。花巻は東北新幹線、 東北自動車道や県内唯一の空港がありアクセスも便利で、盛岡、平泉、三陸などへの観光拠点として県内有数の 集客数を誇っている。宮沢賢治や高村光太郎も訪れた名湯。

花巻温泉 近くの観光スポット【緒ケ瀬の滝】

緒ケ瀬の滝は花巻温泉地内にあり、高さ17mから一直線に落下する様は、あたかも麻をカセに掛けたようなので、この名の起こりと云われている。釜淵という名は、深く大きな滝壺の形からついたという説、あるいは岩盤が釜を伏せたような形をしているところから名付けられたとも云われています。東北を代表する花巻温泉の散策コースでもある。

⚫東北新幹線➡東京駅➡約180分⚫花巻IC➡車で約10分

タイトルとURLをコピーしました