岩倉温泉

秋田県

JR秋田新幹線秋田駅から約4km、旭川の上流河畔ののどかな山里に湧く岩倉温泉。開湯は、大正末期に石油を採掘しようとボーリングしたところ偶然に温泉が出た。それ以来、変わらなく懇々と湧き続けている。無色透明の湯は含ホウ酸重曹食塩泉で、すべすべになり肌に優しく、秋田美人をつくった神秘の天然温泉と云われている。男鹿半島や十和田湖など周辺観光の基点としても便利。温泉の泉質は含ホウ酸重曹食塩泉。泉温は約63度。温泉の効能は切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、神経痛、慢性リウマチ、慢性婦人病、慢性消化器病など。

【開湯日】

大正末期

【温泉の泉質】

ナトリウム ・ カルシウム-塩化物 ・ 硫酸塩泉

【温泉の温度】

63度

岩倉温泉 アクセス

●大曲バスターミナル➡︎バス➡︎南外線➡︎岩倉温泉➡︎下車
●秋田道➡︎大曲IC➡︎車➡︎R105➡︎経由➡︎15分
●秋田空港➡︎24km

岩倉温泉 近くの観光スポット【勝軍山神社】

勝軍山神社は、守屋氏により757年に創建された歴史ある神社。摩利支天が祀られており、武士から信仰を集めてきた。八幡太郎義家が参拝して武運を祈願した後三年の役の時には、戦に勝利し勝軍山という名前で呼ばれるようになった。佐竹義処によって1714年に社殿が再建され、この際に鹿島の武甕槌大神、香取の経津主大神、出雲の八千鉾大神が祀られている。現在は受験の合格を祈願するために訪れる人も多い。境内には三吉神社もあり崇められている。

タイトルとURLをコピーしました