玉川温泉

秋田県

秋田県と岩手県の県境にまたがる八幡平の秋田側の西方にある泥火山・焼山の海抜約740mに位置する玉川温泉。地元のマタギが元禄11年(1680年)に傷を癒していた鹿が発見した。それ以来鹿の湯または鹿湯と呼ばれるようになった。明治17年(1885年)には、鹿湯の名称で湯治場として知られていたが、当地あった硫黄採掘所の工夫やマタギたちが温泉を利用していた。当時は山中の一軒の宿だったが、多様な泉質と豊富な湯量と効能から本格的湯治場として知られ、長期滞在する湯治客も殺到し、極めて予約が取れ難い為、1998年に同経営の新玉川温泉がら徒歩10分程の所に、さらに2004年には別経営の宿が新玉川温泉の近くに開業した。玉川温泉は泥火山が生む強酸性の湯が特徴の温泉で、泉温約98度、1ヵ所からの温泉湧出量が毎分約9,000リットル。温泉水の水素イオン濃度が1.2と日本でもトップクラスの湯量と強酸性を誇る。温泉泉質は塩化物泉。温泉の効能は慢性皮膚病、糖尿病、痛風、神経痛など。泉温約98度。

玉川温泉 近くの観光スポット【玉川温泉大噴湯】

玉川温泉大噴湯は、湧出量日本一の玉川温泉など、周辺のいたるところに温泉が湧き、大地の息吹を感じられる。赤茶けた大地で周りにはほとんど植物が生えていなく、荒涼としている。湯量も多く特に大噴(おおぶけ)と呼ばれる単一の湧出口からは、塩酸を主成分とした強酸性の熱湯が、毎分9,000リットルも湧き出ており、時折水蒸気も立ち上り迫力満点。

⚫JR田沢湖駅➡バスで80分 ⚫玉川温泉バス停➡徒歩

タイトルとURLをコピーしました