田沢湖高原温泉

秋田県

秋田新幹線利用で、東京から最速2時間58分。日本一の深さと、高い透明度を誇る田沢湖。この湖を一望できる田沢湖高原温泉郷と水沢温泉卿は秋田駒ケ岳に広がる高原の温泉。田沢湖の北東、乳頭山(1,478m)の西麓、先達川が縫うようにして流れるブナの原生林に囲まれて、7つの温泉、7つの温泉宿が、標高1,000mの高所に点在している。乳頭温泉郷だ。中で最も古い歴史を持ち秋田藩主の湯治場だった由緒ある温泉が湯の湯温泉。今なお警護の武士が詰めた茅葺き屋根の本陣が残っている。周辺には水深日本一の田沢湖、耶麻渓と並び称される抱返り渓谷があり四季をとおして自然を満喫できる。温泉の泉質は硫黄泉。温泉の効能は筋肉、関節の慢性的痛み、肺気腫、痔、冷性、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、ストレスによる諸症状、耐糖能異常、軽い高コレステロール血症etc。

田沢湖高原温泉 近くの観光スポット【田沢湖】

水深423m、日本一の深さを誇る田沢湖は、ルリ色の湖面と永遠の美貌を望んで龍に変身させられたと伝えられている「たつこ」の伝説が残っている。今ではたつこ姫は田沢湖のシンボルになり、周囲約20kmのほぼ円形の湖。神秘的な雰囲気をたたえた湖は、一級河川雄物川水系に属し、日本で19番目に広い湖沼。湖神を祀る御座石神社や姫観音像が点在し、観光拠点の春山から遊覧船も出ている。

田沢湖駅からバスで35分

タイトルとURLをコピーしました