ニセコ新見温泉

北海道

ニセコ温泉郷の最深部、目国内岳の山懐に湧くニセコ新見温泉。道道岩内蘭越線沿いにあり、新見直太郎によって明治41年(1902年)に発見されて以来、万病卓効の良泉として湯治客に親しまれてきた。現在は日本秘湯を守る会にも属する老舗の秘湯の宿。新見本館とひなの宿・新見温泉ホテルの2軒の宿がある。ともに日帰り入浴も受け付けている。目国内岳の麓にある眺めのよい温泉。冬期閉鎖は豪雪のため閉鎖される新見峠の蘭越町側にある温泉郷。温泉の泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。温泉の効能はリューマチ、神経痛、外傷・骨折、火傷、皮膚病、便秘、じん麻疹、肥満症、リウマチなど。

【開湯日】

明治41年(1902年)

【温泉の泉質】

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

ニセコ新見温泉 近くの観光ガイド【大湯沼】

大湯沼は蘭越町ニセコ湯本温泉にあり、標高約560mの温泉の泥沼。ニセコ湯本温泉雪秩父と横並びに位置し、おゆぬまと呼びニセコ湯本温泉の源泉。同じ名前を持つ登別温泉の大湯沼よりも、こじんまりとしており、沼の周囲長は約200m。湯量が毎分1,000リットル噴出し、沼からはグツグツと温泉が湧き出している。周辺には小湯沼・チセヌプリスキー場・大湯沼自然展示館・湯本温泉野営場があり見どころいっぱい。

ニセコ新見温泉 アクセス

⚫JR函館本線蘭越駅➡タクシーで15分⚫札樽自動車道小樽IC➡国道5号線➡約2時間半⚫JRニセコ駅➡バス➡25分

タイトルとURLをコピーしました