白老温泉

北海道

白老駅裏、旧国道沿いのポロト湖畔に位置する白老温泉。開湯は昭和47年(1972年)で、有機物を含むモール泉が源泉。白老町には約130ヵ所以上の源泉があり、4種類の良質な泉質が湧出し、温泉宿泊施設はもとより一般家庭でも温泉を利用している。その多くは竹浦・虎杖浜という地区に集中しているが、白老地区には北海道遺産に選定されている世界的にも珍しいモール温泉も湧出している。温泉の泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉のモール温泉。温泉の効能はリューマチ、神経痛、筋肉痛、冷え性、慢性皮ふ病、慢性消化器病など。

タイトルとURLをコピーしました