湯の沢温泉

山形県

米沢十湯の一つ。湯の沢温泉は県の南部、米沢市の南南東方に位置する湯の沢温泉。関根の県道151号線と376号線、それに232号線との合流点近く、赤石川橋の袂にある自然豊かな保養型の温泉の一軒宿。歴史は古く、深傷を負った猿が湯に浸り癒しているのを、源義経の家臣が見つけたといういう伝えも残っている。また約300年前の元禄年間(1688年?1704年)以前に発行された諸国温泉効能鑑において、全国温泉番付の前頭の湯として紹介されている。昭和55年(1980年)に現社長の祖父母が開業したが、。平成17年(2005年)に全面改装。源泉温度が26度と低いので加温しているが、5つある湯舟すべてかけ流しで使用している。温泉の泉質は単純温泉(低張性・中性・低温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾など。

湯の沢温泉 近くの観光スポット【一字一涙の碑】

上杉鷹山は寛政8年(1796年)に、師細井平洲先生の米沢訪問に際し、自ら羽黒神社まで迎えに出られ、普門院に案内し労を慰めたという。敬師の美談を伝えるべく建てられたもの。境内にある「一字一涙の碑」はもので「之を読めば一字一涙、人をして慨焉として往日を憶わしむ」から取った。普門院は昭和10年6に国指定史跡となっている。

1)●関根駅➡徒歩15分●米沢駅➡車で15分●東北道福島飯坂IC➡車で60分●仙台空港➡車で120分

タイトルとURLをコピーしました