さくらんぼ東根温泉

山形県

明治43年(1910年)に、灌漑用の井戸を掘った際に偶然湧き出たのが「さくらんぼ東根温泉」。山形県村山盆地の北部に位置し、西に月山、葉山、朝日岳を遠望。東に奥羽山脈をひかえた東根市。その市街地に旅館や足湯、そして民家の佇まいを思わせる共同浴場(個人経営も多い)が点在し、温泉街の周囲は田園風景やさくらんぼ畑などのどかな環境を醸し出している。湯量は豊富で琥珀色の滑らかな肌触りが特徴。湯上り後は身体が温まる一方、サッパリ感が味わえると評判。温泉の泉質はナトリウム塩化物泉。温泉の効能は神経痛、皮膚病、婦人病、筋肉痛、関節痛、創傷、火傷、打撲、くじき、冷え性、痔病、病後回復、疲労回復、健康増進。

さくらんぼ東根温泉 近くの観光スポット【大滝公園】

高さ15m、幅20mの大滝は乱川に落下する滝。巨木の間からほとばしる清流が、轟音を上げて真っすぐに流れ落ちる様は壮観で、東根の隠れたパワースポットとして人気を呼んでいる。この滝を中心に周囲は渓谷公園となっており、カツラの古木があり、紅葉狩りや釣りなどを楽しめる。県天然記念物指定の巨木「大カツラ」もすぐ傍にあり、人気の立ち寄りスポットになっている。

JRさくらんぼ東根駅から徒歩で約15分

タイトルとURLをコピーしました