東鳴子温泉

宮城県

東鳴子温泉の開湯には様々な伝説が存在する。1つ目は続日本後紀によると承和2年(835年)に潟山が大爆発し、熱湯が轟音をあげて噴出し、村人が鳴郷の湯と名付けたと伝えられている。2つ目は、平家の落人が仁治元年(1240年)に発見した説。3つ目は天平19年(747年)に玉造軍団が設置された際には既に温泉は存在したとする説。江戸時代には仙台藩藩主専用の風呂である御殿湯も置かれた。明治43年(1910年)に発生した山崩れで温泉街は一度壊滅したが、その後復興している。鳴子温泉郷エリアは、374本の源泉が噴出し、出湯は国内第1を誇る多彩な泉質と効能豊かな名湯揃い。昭和27年から昭和45年にかけて新しく発掘された温泉もある。温泉の泉質はナトリウム-炭酸水素塩、塩化物、硫酸塩泉、低張性弱アルカリ性高温泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、消化器病、痔症、冷性、病後運動回復期、切傷、火傷、皮膚病、胃腸病、肝臓病、糖尿病など。

東鳴子温泉 近くの観光スポット【鳴子峡】

鳴子峡は、鳴子温泉郷の中山平温地区に位置する約2.6kmの峡谷で、大谷川が刻んだ深さ100mに及ぶ大峡谷。様々な岩石が屏風のように連なり、渓流とのコントラスは抜群。また新緑や紅葉の時期には素晴らしい景色を提供してくれる。特に10月中旬から11月上旬にかけ、大谷川と峡谷の映える紅葉に素晴らしい。川沿いに約2.5kmを1時間で歩く散策道からの眺めはまさに絶景.。

陸羽東線鳴子御殿湯駅⇒徒歩5分 ・東北自動車道古川IC35分

タイトルとURLをコピーしました