遠刈田温泉

宮城県

約400年前の慶長6年(1601年)に、岩崎山金山で財を成した金売橘次が、霊泉を発見したのが始まりと伝えられる古湯が遠刈田温泉。藩政時代には青根、鎌先温泉ほど有名ではなかったが、庶民の湯治場として栄えた。非常に湯量が豊富で、古くは湯刈田(とうがった)を地名としていたが、現在は遠刈田(とおがった)と2つ読み方で通っている。またその昔、三階滝の大ガニとの戦いに敗れた不動滝の大ウナギの切られた尻尾が流れ着いたと伝えられ、足腰の病に効く温泉と今も伝説が残っている。1917年(大正6年)年には仙南温泉軌道の鉄道が敷かれ駅が設置された事があったが僅か20年で(昭和12年・1937年)廃線となった。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉など。温泉の効能は神経痛、リウマチ、婦人病、皮膚病、動脈硬化症、消化器系疾患など。源泉数は83本。

【開湯日】

慶長6年(1601年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉など

【温泉の温度】【源泉のpH値】

70度  7.1中性

遠刈田温泉 アクセス

●JR東北新幹線➡︎白石蔵王駅➡︎バス➡︎遠刈田方面行き➡︎遠刈田温泉下車
●東北道➡︎白石IC➡︎R4574➡︎経由➡︎約18km➡︎約25分
●JR東北新幹線➡︎白石蔵王駅➡︎ミヤコーバスアクティブリゾーツ宮城蔵王行き➡︎約47分➡︎遠刈田温泉下車➡︎すぐ

遠刈田温泉 近くの観光スポット【蔵王酪農センター】

蔵王酪農センターは蔵王山の麓に位置している。広大な敷地内には、蔵王連峰を背景にのどかな時間が流れる牧場では、新鮮な牛乳を使った蔵王チーズを作って販売。敷地内にはチーズグルメを堪能できる飲食店が揃っており、蔵王チーズ直売所やチーズづくり体験ができる施設、またヤギやヒツジと触れ合えるふれあい牧場ハートランドも人気。リーズナブルな価格で宿泊施設でき、チーズを使った手作りのお料理が評判。源泉かけ流しのお風呂は日帰り入浴も可能。

東北新幹線白石蔵王駅からバスで50分

東北自動車道白石ICから車で25分

タイトルとURLをコピーしました