天塩川温泉

北海道

JR天塩川温泉駅近くの天塩川に架かる橋を渡った、対岸にある一軒宿の天塩川温泉。温泉(鉱泉)の発見は大正時代と歴史がある。古くは常盤鉱泉呼ばれ、当初は飲泉による治療を目的とした温泉で、飲用薬として販売されていた。一軒宿は平成元年(1989年)に音威子府村が開業したが、後に民間に営業委託されている。湯は無味、無臭で多少は黄色みがかったているが、浸かってみるとサラサラとした感じ。旭川から約110km。裏手に天塩川リバーサイドキャンプ場がある。温泉の泉質は含硫黄−ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、五十肩、関節痛、運動麻痺、関節のこわばり、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、冷え性、切り傷、火傷、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症など。

【開湯日】

平成元年(1989年)

【温泉の泉質】

含硫黄−ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉

天塩川温泉 アクセス

●JR音威子府村市街地区➡︎地域バス➡︎運行。●JR天塩川温泉駅➡︎約1km
●旭川➡︎車➡︎2時間 稚内➡︎車➡︎2時間 札幌➡︎車➡︎4時間
●JR札幌cJR旭川➡︎JR音威子府(3時間15分)
●JR旭川➡︎JR音威子府(1時間45分)●JR稚内➡︎JR音威子府(2時間)
●道北バス/旭川➡︎音威子府(2時間40分)
●宗谷バス/稚内➡︎浜頓別~音威子府(4時間30分

天塩川温泉 近くの観光ガイド【高橋昭五郎 彫刻の館】

昭和6年室蘭市で生まれた高橋昭五郎。中学校教師として教壇に立ち、一方では彫刻家としても創作活動を続けた。第5回木を語り作品展(昭和59年)の参加のため来村。それ以降、当時の記憶が忘れられず「木を山に還したい」想いから作品の大半を音威子府へ寄贈した。また40年以上「愛、祈り、そして感謝の気持ちを込めて木と対峙する」を貫いた。この姿勢を、自然界で貯えた木の美しさを大胆かつ繊細な曲線と肌ざわりで人間界に彫刻として送り出してきた。

タイトルとURLをコピーしました