乙部温泉

北海道

国道229号線から少し山側に入った館浦地区に位置する乙部温泉。開湯は昭和56年(1981年)だが、館浦温泉、鳥山温泉、緑町温泉の3つの源泉があり、全て公営温泉。湯は無色透明の食塩泉で少し塩辛く、肌がスベスベしてホッカホカと温まる美人の湯として好評。公営施設ながら純然たる源泉掛け流しを楽しめる。気軽に楽しめる足湯や歴史ある温泉宿、新たに整備された施設が充実の設備など、多彩な温泉を満喫できる。近くには白い断崖の続く滝瀬海岸や館岬・鮪岬、富岡ワイナリーなど見所が多い。温泉の泉質はナトリウム-硫酸塩・縁化合物線(含食塩芒硝泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、動脈硬化、美肌、冷え性、皮ふ病、切り傷、慢性消化器病、痔疾、婦人病、打ち身、捻挫など。

タイトルとURLをコピーしました