鵜の浜温泉

新潟県

昭和31年(1956年)に石油天然ガスの採掘を行った時に噴出した温泉が鵜の浜温泉。鵜の浜温泉の由来は、昔この地に鵜の長者が住んでいたと云われ、縁起の良い伝説から名付けられした。日本海に面しており海の幸や海水浴も楽しめ、また地元漁師と一体となって行う観光地引網体験は有名で、鵜の浜温泉の風物詩の一つである。新潟市から南へ車で約1時間30分。日本海に沈む夕日と、沖に浮かぶ佐渡ヶ島。さらには、白鳥が飛来でも有名で、6つの湖沼群や300年以上も湧き続ける清水どんどの池など、神秘的な自然美を楽しめるスポットが点在。温泉の泉質はナトリウム塩化物、炭酸水素塩泉 。温泉の効能はリウマチ、神経痛など。源泉温度33度。

⚫鵜の浜温泉 近くの観光スポット【恋人の聖地・鵜の浜温泉海岸】
鵜の浜温泉海岸には古くから伝わる人魚伝説があり、毎晩常夜灯を目当てに佐渡島から渡って来る女と、若者との悲恋の物語は、今も伝えられている。その瀬波温泉海岸にあるモニュメント幸せの鐘は、デートやプロポーズにふさわしい場所として、恋人の聖地に認定されているスポット。カップルで鐘を鳴らして鍵をかければ末永く幸せが続くと言われている。

タイトルとURLをコピーしました