八溝温泉

栃木県

那珂川町の中心より南に位置し、北のある馬頭温泉郷より少しかけ離れている。開湯は平成2年(1990年)と比較的新しく、露天風呂から眺める渓谷の景色が素晴らしい温泉。温泉はやや温めで、ゆっくりと浸かれる。また浴後は肌がツルツルになると特に女性には人気で、馬頭温泉郷の中では一番の泉質と云われている。温泉の泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。源泉温度は42.0℃。温泉の効能は神経痛や筋肉痛、関節痛、冷症、腰痛、リウマチ、創傷、切傷、婦人病etc。

【開湯日】

平成2年(1990年))

【温泉の泉質】

ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

42度     9.4アルカリ性

八溝温泉 アクセス

●東北自動車道➡︎宇都宮IC➡︎車➡︎約60分
●東北道➡︎矢板IC➡︎R44➡︎県道74➡︎R293号経由➡︎24km➡︎約40分
●常磐自動車道➡︎那珂IC➡︎車➡︎約60分
●JR烏山駅➡︎バス➡︎大子行き➡︎川崎入口下車➡︎約30分➡︎徒歩5分

八溝温泉 近くの観光スポット【鷲子山上神社】

鷲子山上神社の創建は大同2年(807年)といわれ、大鳥居と御本殿の中央が栃木県と茨城県の県境に位置する。栃木県と茨城県両県の文化財に、一つの神社が指定されている全国でも珍しい。通称フクロウ(不苦労)の神社と呼ばれる。天日鷲命という鳥の神様が祭神。境内には地上7mもの、日本一の大フクロウの像が鎮座している。

タイトルとURLをコピーしました