高雄温泉

栃木県

茶臼岳の東側中腹、高雄股川の上流に位置し、別名高雄股温泉とも呼ばれている温泉。その歴史は古く、江戸時代の万延年間(1860年~1861年)に発見されたと伝えられている。また当時は山岳信仰が盛んで、高雄温泉は温泉(ゆぜん)様の湯と神聖視され、長い間浴用に供されなかった。その後、白湯山信仰の行者が身を清める湯となり、御行の湯と呼ばれるようにななった。明治時代には浴場を上流の源泉の傍らに移して、湯垢(湯の花)採集が盛んに行われ、ドラム缶で1日8000本分が自噴している。温泉の泉質は硫化水素・砒素含有酸性明礬泉。温泉の効能は疲労回復・健康増進・皮膚病・胃腸病・婦人病etc。

【開湯日】

万延年間(1860年~1861年)

【温泉の泉質】

硫化水素・砒素含有酸性明礬泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

40度     6.1の中性

高雄温泉 アクセス

●JR東北新幹線➡︎那須塩原駅➡︎タクシー➡︎約50分
●JR黒磯駅➡︎バス➡︎那須湯本下車➡︎約35分
●JR宇都宮線黒磯駅➡︎バス➡︎那須湯本下車➡︎約35分
●東北自動車道➡︎那須IC➡︎県道17号➡︎那須街道➡︎湯本方面➡︎約30分

高雄温泉 近くの観光スポット【那須バギーパーク】

那須バギーパークの場内サーキットは1周600mで、一般道や大型バギーでしか走れないような、大自然に抱かれた林道をスタッフが先導または同乗で案内します。起伏にとんだコースを駆け抜ければ、爽快な気分を味わえる。免許不要で子供は6歳から運転可能なマシンを完備。車では通れない森の中や荒地、こぶ山をハラハラしながら走ったり、小川を渡ったりと普段味わえない那須高原を体験できる。

タイトルとURLをコピーしました