矢板玉田温泉・コリーナ矢板

栃木県

1万坪の広大な敷地内に、わずか20室の客室しか持たない、贅沢で開放的な森林の中の静寂な温泉宿。昭和55年(1980年代)に鉄道弘済会の、デベロッパーである弘済建物が開発・分譲した別荘地として、大浴場やテニスコート併設したリゾートホテル「ホテル コリーナ矢板」オープンさせた。弘済建物の特別清算に伴い平成1995年(2007年)に地場不動産会社の緑新が経営権を買収。自噴する73.5℃・毎分600リットルの天然温泉は誇り各浴槽を満たし、ジャグジーや様々温泉浴場などのスパ施設を完備。温泉の泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉(アルカリ性低張性温泉)。温泉の効能は神経痛・筋肉痛、、五十肩内海、消化器病・痔疾・冷性・切傷、皮膚病etc。

【開湯日】

昭和55年(1980年代)

【温泉の泉質】

ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉(アルカリ性低張性温泉)

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   76度     8.40のアルカリ性

矢板玉田温泉・コリーナ矢板 アクセス

●東北自動車道➡矢板IC➡矢板玉田温泉➡約7分
●JR宇都宮線宇都宮駅➡JR片岡駅➡徒歩約25分)

矢板玉田温泉・コリーナ矢板 近くの観光スポット【木幡神社】

平安初頭の延暦14年(795年)に、坂上田村麻呂が蝦夷征伐に向かい戦功があり、帰路に許波多神社を勧請したと伝えられている。歴史ある神社でで、楼門は室町時代中期の建築様式で、鶴の翼をひろげたような屋根の形が美しく、朱塗りの楼門で室町時代の特色があり、国指定重要文化財になっている。平安末期から周辺を領土としていた塩谷氏の氏神としても知られている。

タイトルとURLをコピーしました