塩の湯温泉

栃木県

塩原温泉11湯の発祥の湯と云われるのが塩の湯温泉。なかでも明賀屋本館は延宝2年(1674年)創業と300年以上の歴史を誇り、江戸幕府直轄の天領で湯治場として賑わった。また塩の湯温泉は塩原温泉郷11湯の中でも、一番塩分が強く塩の湯と呼ばれるくらいで、身体の体を芯からポカポカと温めてくれる。箒川と鹿股川が合流する地点の塩釜温泉の対岸から1kmほど遡ると山間の静かな温泉地。温泉の泉質は塩化物泉(ナトリウム-塩化物泉)など。温泉の効能はきりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など。

【開湯日】

延宝2年(1674年)

【温泉の泉質】

塩化物泉(ナトリウム-塩化物泉)など

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   60.3度    6.1弱酸性

塩の湯温泉 アクセス

●東北自動車道➡︎西那須野塩原IC➡︎R400➡︎約20分。
●JR西那須野駅➡︎バス➡︎塩原温泉行き➡︎塩原塩釜下車➡︎徒歩20分

塩の湯温泉 近くの観光スポット【塩の湯温泉神社】

塩の湯温泉神社は、寛仁2年(1018年)に創建され、当時の大地獄付近の湯治場があり、そこで神社を祀ったと伝えられている。元文3年(1738年)に現在の境内に移り、茗荷神社も共に遷宮された。その後、文化5年(1808年)に君島五郎右衛門永喜が願主となって再建され、塩の湯温泉の繁栄と旅人の安全を守り、病を除く所として崇められた。欅造り、間口約1間、奥行1間、権現造りの木羽板葺きで、彫刻は一見の価値がある。

タイトルとURLをコピーしました