塩原日の出温泉

栃木県

那須高原の大自然に抱かれた塩原日の出温泉。東北自動車道西那須野塩原ICから車で10分程、塩原温泉方面への上り口、関谷北交差点近くにあり、平成16年(2004年)にオープンした比較的新しい日帰りの温泉施設。天然かけ流し源泉は那須火山帯の地下1500mから豊かに湧き出ており、68.4度の高い温度と、毎分250リットルの豊富な湯量で、全館の風呂とプールを掛け流しても余裕がある。湯は黄色っぽく入ったときから絡みつくようなヌルつきがあり、肌がすべすべになると評判。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。温泉の効能は神経痛、関節痛、切り傷、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病など。

【開湯日】

平成16年(2004年)

【温泉の泉質】

アルカリ性単純温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   68.4度    9.2の弱アルカリ性

塩原日の出温泉 アクセス

●JR東北新幹線➡︎那須塩原駅➡︎塩原日の出温泉➡︎タクシー➡︎約20分。
●東北自動車道➡︎西那須野塩原I.C➡︎塩原日の出温泉➡︎タクシ➡︎約10分
●東北自動車道➡︎黒磯板室I.C➡︎塩原日の出温泉➡︎タクシ➡︎約10分

塩原日の出温泉 近くの観光スポット【回顧の吊橋】

昭和62年(1987年)に完成した回顧の吊橋は「旅人がふりかえらずには帰れないほどの美しさ」からついた 回顧(みかえり)の名前。全長100m、高さ30m、渓谷歩道の起点となる吊橋で、四季折々に姿を変える渓谷美は、雄大なもみじ谷大吊橋とはまた違った趣がある。近くには尾崎紅葉の記念碑もある。

タイトルとURLをコピーしました