奥日光湯元温泉

栃木県

奥日光湯元温泉の開湯は延暦7年(788年)に、当時の日光山の開祖だった勝道上人が発見したと伝えられている。一番最初に発見しった湯は薬師湯と呼ばれ、その後次々と源泉が発見された。また江戸時代には二荒山温泉と呼ばれ、湯守が管理していた。平成15年(2003年)に、源泉地近くに、50人が同時利用できる巨大な足湯(あんよの湯)が完成。温泉の泉質は硫黄泉(単純硫黄泉ほか)。温泉の効能は神経痛、肩こり、皮膚病、リューマチ、糖尿病、打ち身など。

【開湯日】

 延暦7年(788年)

【温泉の泉質】

 硫黄泉(単純硫黄泉ほか)

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   50.4度~79.3度    6中性

奥日光湯元温泉 アクセス

●JR日光駅・東武日光駅➡︎バス➡︎湯元温泉行き➡︎湖畔前下車すぐ
●東北道➡︎宇都宮IC➡︎日光宇都宮道路➡︎清滝IC➡︎約40分
●関越道➡︎沼田IC➡︎R120(冬期閉鎖)➡︎約90分

奥日光湯元温泉 近くの観光スポット【湯滝】

湯滝は、栃木県日光市奥日光地域の湯ノ湖から流れ落ちる滝である。落差50m、幅25m。華厳滝、竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑の一つに数えられ、その近くに観爆台があって迫力ある姿を眺められる。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中にあり、バス停、湯滝入口からも近い。

タイトルとURLをコピーしました