川古温泉

群馬県

群馬県と新潟県の上越国境の三国峠の東南麓・猿ヶ京温泉をさらに奥へ入った赤谷川上流に位置する川古温泉。開湯歴史は定かではないが、「川古の土産は一つ杖をすて」と云われ、古くから効能高い湯治場として親しまれ、猿ケ京・三国温泉郷のひとつに数えられる。元々は川原に温泉が湧出し、そこを浴槽として利用してきました。昭和62年(1987年)に、川原に湧出していた従来の源泉が不安定なったこともあり、新たな源泉を求めてボーリングを行い、豊富な温泉を得ることができた。また当時の記録では40度弱の温泉が、毎分2800リットルも噴出したとある。その後、温泉の量は毎分750リットル程で安定し、以前から温い温泉だったこともあり、各浴槽には源泉を直接入れていた。温泉の泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(弱アルカリ性低張性温泉)。温泉の泉温は37度。温泉の効能は神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節痛、胃腸病、皮膚病、冷性、動脈硬化、痔疾など。

【開湯日】

江戸時代後期に湧いていた(詳細は不明)

【温泉の泉質】

弱アルカリ性単純温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   40.1度    8弱アルカリ性

川古温泉 アクセス

●JR上越新幹線➡︎上毛高原駅➡︎バス➡︎猿ヶ京温泉下車➡︎タクシー➡︎約15分
●JR上越線➡︎JR後閑駅➡︎バス➡︎猿ヶ京バス停下車➡︎タクシー➡︎約15分

川古温泉 近くの観光スポット【赤谷湖】

赤谷湖は赤谷川を堰き止めてできた人造湖。かつては湖底に湯島温泉や笹の湯などがあったが、ダム建設により湖底に沈み、湖岸に猿ケ京温泉が造られた。現在は三国国境の山並みを映す静かな湖で、赤谷湖沿いには自然歩道が整備されており、美しい景観を楽しみながらのウォーキングやマラソンが楽しめる。

タイトルとURLをコピーしました