奈女沢温泉

群馬県

利根川沿支流の奈女沢川を遡った、武尊山の南西斜面、標高約600mの山間に位置する、みなかみ町月夜野に湧く奈女沢温泉。開湯は定かじゃないが歴史はかなり古く、上杉謙信の隠し湯として知られている。大正6年(1917年)には、歌人の若山牧水も訪れている。昭和54年(1979年)に上牧温泉とともに国民保養温泉地に指定された。湯は含ラジウム石膏泉で、その効能から釈迦の霊泉の異名を持ち、万病に効くとされる。またラジウム含有量は日本一とも世界一ともいわれている。効能の優れた療養泉として名高く、湯治目的で訪れる人も多いとか。さらに肌がスベスベになる美人の湯としても人気。泉温が低いため、そのまま飲用することもできる。温泉の泉質はラジウム含有石膏泉。泉温は25度。温泉の効能:は神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、きりきず、やけどなど。

【開湯日】

大正6年(1917年)には、若山牧水が訪れている

【温泉の泉質】

ラジウム含有石膏泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   22.2度    9.7の弱アルカリ性

奈女沢温泉 アクセス

●JR上越線➡︎上牧駅➡︎車➡︎約15分●水上IC➡︎車➡︎約15分 ●月夜野IC➡︎車で➡︎25分
●JR上越線➡︎JR上牧駅➡︎徒歩➡︎約1時間、または自動車➡︎約15分
●上越新幹線➡︎JR上毛高原駅➡︎自動車➡︎約20分

奈女沢温泉 近くの観光スポット【月夜野焼 祐太郎窯】

二代・福田祐太郎は、波佐見焼産地の長崎県で生まれ育ち、月夜野の土を使い月夜野焼を創始。月夜野焼の特徴は、赤い発色の銅紅釉辰砂と、緑青のような肌合いの青銅釉焼成が特徴。作品の展示や窯元直売はもちろん、コーヒーショップも完備。予約により陶芸体験もできるので挑戦して、あなただけの焼物の手作り体験もできる。お子様の課題制作にも最適。

タイトルとURLをコピーしました