尻焼温泉

群馬県

群馬県の西北端に位置する六合村に所在する尻焼温泉。白根山系より源を発する長笹沢川沿いにある。発見はかなり古く、発見時期は不明だが嘉永7年(1854年)の入山古図に温泉地として記されている。しかし花敷温泉からの道が急峻のため開発が遅れ、昭和元年(1926年)より旅館を開業し、現在宿泊施設は3軒。また川底から湧出している温泉で温められた石に腰を下ろして痔を治したこと、すなわち尻を焼いたことが名前の由来とされる。川底にある源泉を利用した川の流れをせき止めて築かれる大きな露天風呂が名物。温泉の泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩塩化物泉など。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打撲、ねんざ、慢性消化器病、痔疾、冷え性、健康増進、疲労回復、動脈硬化症、皮膚病、婦人病など。

【開湯日】

 嘉永7年(1854年)

【温泉の泉質】

 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩塩化物泉など

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   53度~56度      7.28の弱アルカリ性

尻焼温泉 アクセス

●JR長野原草津口駅➡バス➡花敷温泉・野反湖行➡花敷温泉下車➡徒歩10分
●関越道渋川➡伊香保I.C下車➡草津方面➡R17, R353, R145経由➡1時間半
●上信越道➡碓氷軽井沢I.C下車➡R146➡長野原➡ R144➡須川橋交差点左折➡R292へ。

尻焼温泉 近くの観光スポット【チャツボミゴケ公園】

チャツボミゴケとは硫黄泉など酸性泉に成育する特殊な苔。日本では草津、阿蘇山など限られた火山帯にだけある。本州では中之条町だけに生育し、自然豊かなこの街にはかつて鉄鉱石を採掘していた鉱床があり、昭和41年(1966年)まで露天風呂掘りによる採鉱が行われた。 その露天掘りの窪み(俗称穴地獄)に自生しているのがチャツボミゴケで、天然記念物に指定され守られている。

タイトルとURLをコピーしました