四万温泉

群馬県

群馬県の北西部新潟県境に近い、群馬県吾妻郡中之条町の上信越高原国立公園内に位置する四万温泉(しまおんせん)。その歴史は古く、延暦年間(約1200年)に遡り、少なくとも鎌倉時代には既に温泉が湧き出ていただ。清流・四万川に沿って細長く発達した温泉地で、標高は約600m〜700m位で夏の避暑地優れていり。旅館の数は約40軒で、泉質と景観を生かした貸切露天風呂や露天風呂付客室など、露天風呂が充実。四万温泉の名前の由来は古くいろいろな説があるが、四万(4万)の病を癒す霊泉、と言うのが良く知られる。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。温泉の効能は胃腸病・神経痛・皮膚病・擦り傷・切り傷・アトピー性皮膚炎etc

⚫四万温泉 近くの観光スポット【四万川ダム】
利根川水系四万川に建設された重力式コンクリートダムが四万川ダム。堤高の89.5mは群馬県が運営するダムとしては最も高いく、国土交通省の地域に開かれたダムに指定されている。監査廊は見学者のために整備されており、西洋の城を想起させるデザインが施されている。四万川沿川の洪水被害の軽減、東毛地域の水道用水の確保や発電を目的に建設された。上信越高原国立公園内にあるため、工事にあたっては周辺環境に非常に配慮したダムである。

タイトルとURLをコピーしました