しほろ温泉

北海道

士幌町市街地から道道本別新得線で東に約10km、居辺川の清流を望む低い丘陵地帯に湧出している下居辺温泉。開湯昭和52年(1977年)で、近くにはパークゴルフ場もあり、渓流釣りが楽しめる。湯は弱いツルツル感のあるモール系の泉質で、ほとんど無味無臭だが薄褐色に濁っっている。カランの湯も温泉で、その点は好印象。また人が少ないのでのんびりできる。温泉の泉質はナトリウム-塩化物泉。温泉の効能は神経痛。

【開湯日】

昭和52年(1977年)

【温泉の泉質】

アナトリウム-塩化物泉

しほろ温泉 アクセス

●JR帯広駅➡︎車➡︎50分。
●道東自動車道➡︎帯広音更IC➡︎R241➡︎道道134号線➡︎約30分
●士幌市街➡︎車➡︎15分  ●本別町内➡︎車➡︎25分

しほろ温泉 近くの観光ガイド【旧国鉄士幌線士幌駅跡】

旧国鉄士幌線の大正14年に開業した士幌駅。帯広からの32kmを結び、昭和45年には、貨物取扱量最高となる83,000tを記録。昭和31年に糠平ダムが完成。これにともなって清水谷から幌加間のルートが変更され糠平駅は湖底に沈み新しい駅が建設された。その後の昭和14年に上士幌~十勝三股間を開業して全線が開通しかし昭和62年の士幌線廃止に伴い廃駅になる。現在は駅舎にはカーペットが敷かれて集会所としての機能を持っている。

タイトルとURLをコピーしました