愛山渓温泉

北海道

大雪山国立公園のアンタロマ川の渓流に沿って、約19kmを遡ると永山岳の山麓にある愛山渓温泉。海抜1000mに位置しる四方を、アカエゾマツの純林におおわれた静寂な温泉郷。明治42年(1909年)に直井藤次郎ほか2名が、熊漁の途中に温泉発見歴史は定かではないが明治時代の終わりごろと伝えられている。上質なことで知られる名湯は、一軒宿の愛山渓倶楽部の裏手に湧出する源泉がそのまま浴槽へ引湯された100%かけ流し。温泉の泉質はナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉。源泉温度は42℃。湧出量は毎分約105リットル飲泉も可。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、五十肩、慢性消化器病、病後回復期疲労回復、健康増進、動脈硬化症、痔疾、慢性皮膚病、きりきず、やけど、冷え性など。冬は豪雪の為に車両通行止めで閉鎖。人里離れた仙境の地に湧く秘湯。

【開湯日】

明治42年(1909年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

愛山渓温泉 アクセス

●JR上川駅➡︎車➡︎60分 ●旭川鷹栖IC➡︎車➡︎約90分
●旭川➡︎R39➡︎上川町➡︎道道223号➡︎愛山渓上川線➡︎約20km
●札幌➡︎約185km➡︎約3時間。
●JR札幌駅➡︎函館本線・石北本線➡︎特急➡︎JR上川駅➡︎下車
●JR上川駅前➡︎愛山渓温泉行き➡︎バス➡︎終点・愛山渓温泉➡︎下車

愛山渓温泉 近くの観光ガイド【雲井ヶ原】

雲井ヶ原は、永山岳の山麓にある愛山渓温泉から北東へ30分ほどに位置し,標高1,070m、湿原面積13ha。登山道入口から雲井ヶ原湿原中央部まで全長960m(内木道370m)で高山植物も多く途中に沼の平もある。トドマツの林の中、道の両側は笹藪であり、樹林がダケカンバに変わるころに道は木道になる。また入り口看板横には入山届簿や湿原開花調査票があり、入山届の際に記入を義務付けられている。

タイトルとURLをコピーしました