池の湯温泉

北海道

屈斜路湖の湖畔にあり、草に覆われた野趣溢れる大露天風呂が、名物の池の湯温泉。開湯は昭和54年(1979年)で、一度に百人以上も入れる巨大露天風呂(直径約15m)があり混浴。脱衣所だけは男女別に二つ用意されているが、周辺には宿泊施設などもないので、入浴客もまばらで野趣満点。大自然に囲まれた開放的な気分が満喫できる。風呂の一部が湖と直接つながっているため、湯は温め。冬は温泉近くに白鳥が集まり素晴らしい環境だが真冬の入浴は困難だ。足下から湯が沸き出し、新鮮な湯が湖にあふれる理想的な温泉。温泉の泉質はナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉。泉温は約38度。温泉の効能はリューマチ、神経痛、胃腸病、筋肉痛、疲労回復、冷え性など。

【開湯日】

昭和54年(1979年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

池の湯温泉 アクセス

●JR釧路本線➡︎川湯温泉駅➡︎バス➡︎45分
●女満別空港IC➡︎美幌IC➡︎R432➡︎美幌峠➡︎屈斜路➡︎池の湯
●道央道➡︎札幌南IC➡︎千歳恵庭JCT➡︎道央道➡︎夕張IC➡︎R274➡︎136占冠道道136号➡︎道東道➡︎トマムIC➡︎R241(阿寒横断道路)➡︎弟子屈・国道2432号➡︎屈斜路➡︎池の湯

池の湯温泉 近くの観光ガイド【ポンポン山】

屈斜路湖畔の仁伏温泉の入り口のある、標高360mの小高い丘ような山がポンポン山。可愛らしい名の由来は、山の上に立って地面を強く踏むと、ポンポンと音が共鳴すし、まるで内部が空洞になっているかのようだ。付近一帯は地熱が高く、冬でも雪が積もらないのも特徴。大地が暖かいため厳寒期でもコオロギの仲間「マダラスズ」がジィージィーと鳴いている。

タイトルとURLをコピーしました