幌加温泉

北海道

糠平湖から三国峠を目指す国道から脇道へ入ったところにある幌加温泉。古くからアイヌの人々には知られていたが、昭和3年(1928年)にが開発許可を取って、開湯は昭和8年(1933年)に高谷温泉を開業した。その後その後昭和29年(1954年)にホロカ温泉として独立した。また東大雪の山懐に抱かれるように、ひっそりと湯煙をあげる鄙びた温泉地で、ニペソツ山の登山口に当たることから、登山者の利用も多い。湯は浴槽が赤褐色で熱めだがほぼ透明で、カルシューム泉は浴槽が青緑色で適温でかけ流し。露天風呂混浴で硫黄の香りがする硫黄泉。温泉の泉質はナトリウム泉・鉄鉱泉・カルシウム・泉硫黄泉。泉温は40度〜65度。効能は神経痛、リウマチ、創傷、胃腸病、ヒステリー、筋肉痛、冷え性、慢性消化器病、慢性皮ふ病など。

【開湯日】

昭和8年(1933年)

【温泉の泉質】

ナトリウム泉・鉄鉱泉・カルシウム・泉硫黄泉

幌加温泉 アクセス

●幌加バス停➡︎徒歩➡︎10分(徒歩30分圏内に鉄道駅はない)
●JR帯広駅➡︎バス➡︎ぬかびらスキー場前行き➡︎1時間40分➡︎十勝ぬかびら営業所下車➡︎タクシー➡︎20分。

幌加温泉 近くの観光ガイド【タウシュベツ川橋梁】

旧国鉄士幌線のアーチ橋として、昭和12年に糠平湖できた時に完成したタウシュベツ橋。全長130mのコンクリートアーチ橋で、幅3m、高さ10mの11連アーチが特徴。冬には湖が凍結し、橋が姿を現し始め、春~夏にかけて沈み始め、そして夏頃には湖底に沈んでいき、9月~10月の初秋には、水没した橋が湖面に映り、1年で一番の見頃を迎える。

タイトルとURLをコピーしました