小清水温泉

北海道

北海道東部に位置する斜里郡小清水町は、阿寒、網走、知床、釧路湿原の国立公園に囲まれた小さな町。その小さな町のじゃがいも畑の中に、平成5年(1993年)に開業した町営の小清水温泉。平成6年(1994年)に宿泊施設も開業。湯はまったりと体にまとわり、湯上り後は肌がスベスベで日本三大美人湯と称される、群馬の川中温泉、和歌山の龍神温泉、島根の湯の川温泉に勝るとも劣らない。浴室は内湯のみで露天風呂はなく、敷地内の地下853mから湧出する3号泉を利用している。源泉は、敷地内または隣接地で3本を掘削開発し1号泉は予備となっている。町営であるものの、運営は民間に委託しており、施設は町民の憩いの場となっている。温泉の泉質はナトリウム・塩化物。泉温は51.8度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、五十肩、皮ふ病、冷え性、慢性消化器病、痔疾、婦人病、打ち身など。

【開湯日】

平成5年(1993年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・塩化物

小清水温泉 アクセス

●JR石網走駅➡︎バス➡︎小清水行➡︎1時間➡︎センター前下車。
●女満別空港➡︎車➡︎1時間
●JR網走駅➡︎バス小清水行➡︎センター前下車。
●小清水町➡︎知床国道➡︎北見に向➡︎遠軽国道➡︎丸瀬布➡︎旭川➡︎比布JCT➡︎3時間~旭川愛別道路➡︎遠軽方面➡︎北見国道を通り➡︎知床国道小清水➡︎右折

小清水温泉 近くの観光ガイド【原生花園牧場】

小清水原生花園からR244沿って内陸に広がる濤沸湖を背後に、馬がのどかに草をはむ牧場。この牧歌的な風景やエゾスカシユリの美しい群落として有名で、開花期には多くのカメラマンが訪れてい観光客に親しまれている。網走原生牧場観光センターも併設されオホーツク海を眼下に海や湖、森、川の景観を中乗馬も楽しめまる。海岸の砂丘地帯にはエゾカワラナデシコ、ハマナスも咲いている。

タイトルとURLをコピーしました