藻琴山温泉

北海道

屈斜路湖畔にそびえる藻琴山(標高1000m)の北側に位置し、芝桜で有名な東藻琴村ノンキーランドにある藻琴山温泉。開湯は昭和45年(1970年)で、シンプルなタイル張りの湯船に無色透明の湯。舐めてみると塩味がし、スベスベする浴感や婦人病に効く美人湯として知られている。5月末?6月上旬は、温泉の裏山の小高い丘が一面ピンク色に染まるてファンタジックな光景は、連日花見客でごったがえすほどの人気。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。温度は45度。温泉の効能はリュウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性および角化症、虚弱児、更年期障害、慢性湿疹など。

タイトルとURLをコピーしました