滝の湯温泉

北海道

北見国道沿いの温根湯温泉の西側に位置する滝の湯温泉。開湯は昭和56年(1981年)で、北見市に合併した留辺蘂町が昭和35年(1960年)?昭和45年(1970年)にかけて開発した温泉。塩別つるつる温泉のすぐ近くにあり、ツルツルした肌ざわりになるのが特徴。国道沿いにあり、旭川かや北見、網走方面からも、車で訪れるには便利。平成20年(2008年)にリニューアルオープンした、公共の宿滝の湯センター夢風泉と共に日帰り入浴も可能。御苑の泉質は単純硫黄泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、冷え性、慢性湿疹、皮ふ病、糖尿病、高血圧、美肌など。

タイトルとURLをコピーしました