三石温泉

北海道

三石町の南の小高い丘に三石海浜公園があり、太平洋を見渡せる公園でオートキャンプ場や丘の頂上には三石温泉三石老人福祉センターがある。開湯は昭和54年(1979年)で、湯はセピア色の湯船と普通の水の湯船の2種類があり、セピア色の方が温泉。泉温12度の冷鉱泉だが、湧出量毎分22リットルの源泉は茶褐色したごり湯。平成17年(2005年)に立替が行なわれ従来の2施設は閉鎖。平成18年(2006年)に道の駅みついしに隣接した場所に「みついし昆布温泉蔵三」がオープン。三石町は平成18年(1983年)に静内町と合併し新ひだか町になった。温泉の泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、慢性消化器病、痔疾、冷え性、健康増進、切り傷、火傷、慢性婦人病など。

タイトルとURLをコピーしました